コパ・デル・レイ5回戦ファーストレグ レアル・マドリード対セビージャ

コパ・デル・レイ5回戦で注目カードとなったレアル・マドリード対セビージャ。

ファーストレグは意外にもレアル・マドリードの大勝。3-0となりました。
ロナウド、ベイル、ベンゼマといった主力を温存したにもかかわらず
本当に強かった。要因はクラブワールドカップでは見られなかったハイプレスでした。

クラブワールドカップの決勝ではちんたらやってるなあと思ってましたが、
その時とはコンディションもモチベーションも全く違うチームでした。
セビージャにボールを奪われると前から数人で積極的にプレスをかける。
この攻守の切り替えのプレススピードが驚異的!セビージャに全くボールを持たせない!
先制点はカゼミーロがガツン!とボールを奪いに行った結果、ハメス・ロドリゲスのゴールにつながっています。

レアル・マドリードというチームのイメージに全くなかった戦い方。
個人技に目が行きがちなチームですが、カゼミーロを中心とした
プレッシングの守備組織は見事でした。
これがジダン監督の手腕でしょうか?

いやはやとにかく驚きました。
無敗を続けているのはただのスーパースター集団ではなく
戦えるチームになっているから。
レアル・マドリードの今シーズンの結果、とても楽しみですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です