【ウイクラ日記】シーズン183は得点は育成開始シーズンに【Part4】

現在のリーグ;トッププレイヤーDiv.14

シーズン183の結果
6勝2分け10負け
最終順位16得点28失点

特に見どころのないシーズンだったので、だいぶ省略ぎみw
いつものCOMチームにのみ勝利するパターンのやつです。

なので、シーズン途中から若手の育成を重点的に行いました。
カッサーノ、ペドロ・ロドリゲス、クベーロあたりですね。
その結果、まだ総合値83のカッサーノがチーム得点王になりましたw

3ゴールしか取ってませんけどねw
カッサーノを使用してみた感じだとバックスピンロブで結構いいパスが出せるのと
しっかりシュートを流し込めるのが特徴かなと思います。

さて今シーズンを育成を重点的にと書きましたが、まだまだ育成が必要です。
次のシーズンはほとんどの主力が30以上になるので、
ますます世代交代をしていかなければなりません。
私は32歳を越えた選手はほぼ使わないようにしています。
なぜかというと、例えばFWの選手の場合まだ数値だけ見ると能力がとても高い選手でも
32歳を超えるとゴールが全然取れなくなるような感覚を持っているからです。
経験的にそういう実感があるので、そのようにしています。
結果、能力が高いから勿体ないと思って使っても試合に勝てないことが多くなります。
だったら少しでも若い選手の育成をしようということです。
皆様はこのように感じたことがありますか?

本日の名場面

相手のシュートが凄すぎてGKレイナさんが避けてしまいましたw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です