個性って面白い。

個性って面白いって思った事案が発生した。

会社の中の若手グループで英会話をやっている。
毎回誰かが好きなテーマを用意してきてそのテーマについて
賛成か反対かといった討論をする。

No.1のおかしはどれか?とかハリポッターの魔法の中で
リアルワールドで最も便利な魔法はどれか?といった
それぞれ趣味に絡んだカジュアルなテーマを選んでくる。

だがしかし、とあるメンバーである。
少し寡黙なところがあり、変わっていると言えば変わっているのだが・・・
1回目が狩猟で動物を殺すことについてどう思うか?
2回目には安楽死は法律で合法化すべきか?っである。

どんだけ死にたいんやとw
英会話で皆で討論するにはあまりにも重く難しいテーマである。
勿論社会的にはこのような議論は今後もなされていくのだと思うが、
私なんかは、なんだか心が暗くなってしまうというか、目を逸したくなるような。

なんでこんなテーマを選んだのか聞いてみたところ、
普段から死に対する恐怖心、自分の意識がなくなることに恐怖心が合って、
死について考えてしまうところがあるらしい。
だから議論するテーマに選んだのだと。

いや、もっと楽しいお話をしようよ!って心のなかでは思ったけど、
よく考えたら凄い面白いなと思った。

自分では絶対に考えないことを考える人がいるのだと。
興味、関心を持つことは本当に違うんだなと感じた。これが個性か。

面白い。やってやろうじゃないか!
安楽死って英語を調べなきゃいけないのつらいけど(苦笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です