ついにJ1に帰ってきたー

昨日、2月25日について2017年のJリーグが開幕した。

私ご贔屓の清水エスパルスは昨シーズンJ2リーグを戦ったため2年ぶりのJ1の舞台となる。
対戦相手は優勝を狙える戦力を持つヴィッセル神戸。
昨シーズン積み上げたものがJ1でどこまで通用するか試すには
とても良い相手である。

結果からいうと0−1の敗戦。
セットプレイを押し込まれての惜敗である。

もちろん、力の差は歴然としていた。
そのためチョン・テセ、金子も相手中盤の選手にプレイをかけまくり、
河井、フレイレの両ボランチは攻撃参加を控えて完全な全員守備を引いた。

ただ、その守備はハマっていた。
そこからカウンターをしかけるパワーと精度に欠けたのが敗因だ。

攻撃には凄く違和感があった。
なんせ判断ミス、パスがあまりにも多すぎる。
J1の守備のプレッシャーはJ2とのレベルの違いに、
選手たちはどこかビビっていたのだろうか?
開幕戦特有のプレッシャーだろうか?
チームプレーに徹するチョン・テセですら金子がフリーで
ボールを受けられる状況にもかかわらずシュートを選択していた。

昨シーズン後半に得点を量産した攻撃力は残念ながら
全く表現できなかった。
そして細かいミスの積み重ねがセットプレイの失点に繋がってしまった。

ただし、焦る必要はない。昨日はヴィッセルという相手に
どこかビビりすぎていただけで、今の選手達はもっとできる。
昨年はJ2の引きこもり戦術に戸惑いながらも
少しずつ修正していったのと同様に少しずつ
J1仕様に慣れて修正していけばよい。
そう思える戦いぶりだったと思う。

おととしのように優勝候補に爆勝して勘違いするよりも
よほど有意義な開幕戦だったのではないでしょうか?

※それにしてもJ1は試合の緊張感、緊迫感が全然違いますね。
ドキドキするけど凄く充実して楽しいなと感じました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です