エスパルス今シーズン初勝利!

ばんざ〜〜い

っということで本日のVSサンフレッチェ広島戦で今シーズン初勝利。
そして久しぶりのJ1での勝利となった。

勝因は2つ。

1つ目は全員での徹底した守備。
金子のプレッシングは相変わらずだったが、
どちらかというと広島がボールを回す中で、
しっかりとリトリート。ブロックを作って、
相手がバイタルエリアにボールを入れてくるときに
パスカットすることができていた。
広島がディフェンスライン4枚+1枚で
ボールを回す遅攻がスタイルだったので相性がよかった。
また、広島の前線5枚が前に張っていることが多く、
常にディフェンスラインの前で勝負できるので楽だった。
トラッキングデータが表すように広島はスプリント回数がいちじるしく少ない。
これなら幾らボールを回されようが怖くない。

2つ目は攻撃面
というか攻撃陣の復調。
どこか硬さのあった前節とは違った。
特に金子と白崎。
金子は前節、縦パスを全くキープできなかったが
守備のタスクはそのままに攻撃面でも体を張れていた。
圧巻だったのは得点の少し前のシーン。
左サイドの白崎からのパスをペナルティエリアで受けたシーン、
ディフェンスとボールの間に体を入れてしっかりとボールを
キープした後、縦に突破する動きをした後、切り返しで相手を交わして
決定機を作った。
白崎も何度もドリブル突破でチャンスメイク。
相手のサイドにスペースが空いているのもあってスルスルと
抜いていく。天才的プレーをしたと思えば、試合終了間際には
一人で何十メートルもドリブルしてガッツあふれる、チームを大きく
助けるプレーをする。

開幕戦のらしくないプレーはJ1のプレッシャーへの慣れが必要だと感じて
もう少し時間が掛るかと思いきや、2試合目で昨シーズンやってきたことを
しっかり披露してくれた。本当に頼もしい。

正直初めて日程を見た時、勝利まで少し時間がかかることも想定してただけに
この初勝利は本当に大きい。厳しい試合が続くと思うけど自信持っていこう。

※それにしても広島の4−1−5のフォーメション、何がしたいのかさっぱりわからなかったよ・・・サイドガラ空きやん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です