【J1第2節 DAZN週間ベストプレーヤー】安心の清水ブランドってやつや

昨日からDaznの週間ベストイレブンが話題となっている!
柏レイソルに勝利したガンバ大阪の選手が最多の4人ですって!?

いやいや、よく見てくださいな。
最多は我が清水エスパルスですぜ(えっ?)

どういうことかと言うと、大抵の方は説明不要だと思うがw
○○は清水エスパルスが育てた(ドヤッ)
ていう選手が4人いる。

六平選手はいうまでもなく清水エスパルスの選手で、開幕はサイドバック、今節はボランチで出場し、ベストイレブンに選出!元々テクニックのある選手だが、守備面での粘り強さが目に見えて向上している。

2人目はCBの平岡選手。エスパルス生え抜きの選手だが、若手の台頭も合って今シーズンよりベガルタへ完全移籍。空中戦は強いが、1対1の強さが不足している印象だが、ベガルタで課題を克服したか??

3人目は右サイドバックで選出されている三浦弦太選手
昨シーズン、エスパルスの小林監督に抜擢され、レギュラーに定着。
CBだけでなくサイドバックでもプレー。キックの精度が高く展開力があるのが魅力。
今シーズンエスパルスからガンバへ移籍したのは凄く残念だが、
移籍金を置いていったしwガンバでの大活躍はこちらとしても嬉しい限り。
まだまだ上を目指して頑張ってもらいたい。

4人目は今やガンバのエース?になった長沢駿選手。
エスパルスではやっとブレイクしたと思ったら大怪我してしまった選手。
復帰後はどちらかというとエスパルスがチーム崩壊してしまったため思い通りの活躍ができず。
テセがエスパルスに加入するタイミングでガンバへ移籍。
清水ユース出身で今でも移籍が惜しまれる選手。
今エスパルスの選手でないことは非常に残念だけど代表まで上り詰めて欲しい。

というわけで紹介した選手全てエスパルスの生え抜き選手。
このベストイレブンを見て嬉しい気持ちと、これだけ良い選手が在籍してたのになぜ勝てなかったのかという残念な気持ちが混ざってしまうDaznの週間ベストイレブンだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です