【ウイクラ日記】Double Streak Tourの途中経過【Part7】

現在行われているDouble Streak TourはUCL等々に比べ、比較的ラクに建築許可証が貰えるということで、弱小クラブにとってはおいしいイベントであることは間違いありません。ということで、私も全力で試合を回しているが、予想以上に苦戦しているので、今日は中間報告です。

苦戦している現在は、実は明確だったりします♪

こんなフォーメーションで戦ってるからですねw
守備時は通常の4−4−2になるので、そこまで大きく崩れることはありませんしサイド攻撃はよく決まるので実は気に入っています。勿論、中盤の底がガラ空きになることもあります。その時はリトリートしている間に前の選手が全速力で下がってきます。
全員で全速力で戻るその姿は実に滑稽ですw(いずれ動画にしようかなあと思います)

が、勝ちきれないケースが多く、2試合目、3試合目で引き分けるケースが続出。結果、思ったよりかなりスローペースで進んで10000メダルの建築許可証がゲットできるか不安になってきました。

そこで、フォーメーションを変更、このイベントに限っては、鉄板のフォーメーション4−3−3を解禁!

いやあなんていうか、攻撃が凄くスムーズですねwサイドバックを使ったサイドの崩しといい、中央からの崩しといい本当にバランス良く攻撃を繰り出せる。1−0の辛勝が定番のチームが3−0等の大量得点で勝利することが多くなりましたw

このイベントでは引き分けでも終了してしまうので、攻撃的な戦術で一気に勝ちを確定させるのがやはり一番の攻略法だなと思います。

取り敢えず勝率は少しばかり上がった感じで、ようやく5000メダルの折り返しまで到達。
最後は敗戦時にPESコインをつぎ込めば、なんとか建築許可証は貰えそうですね。
同じように建築許可証狙いの皆様、頑張りましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です