【ウイクラ攻略日記】変なフォーメーションの傾向【Part13】

サッカーゲームをやっていると、現実では有り得ない変なフォーメーションに夢を見ることって有りますよね?私も負けまくってイライラした時とか、やけくそで変なフォーメーションに変更することもあります。現在は協会イベントのチェインズゴールに備えてディヴィジョンを落とそうと考えているので、「そうだ変なフォーメションをお試ししよう!」という気分になりました。

そこで今日は私がここ数日試した変なフォーメーションとその傾向についてお話しようと思います。

私が試したフォーメーションをご紹介します。

○(3-4-3)

△(3-4-3)

□(3-4-3)

☓(2-5-3)

という訳で、ほとんど3−4−3ですねwDF、MF、FWに満遍なく配置されるので、色々な形を描くことができますね。この中では○が一番まともなフォーメーションだったと思います。が、中央に人がいないと、ゴールキックがことごとく相手ボールになるのが辛いところw。サイド攻撃は十分機能します。

また、面白かったのが△。常に相手のRWGがガラ空きになりますwでもRWGのシュートが下手くそな場合はうまくRWGにボールを誘導することで失点のリスクを抑えることができます。私がテストした時は、ソン・フンミンがシュートを外しまくってくれましたw。

さて、変てこなフォーメーションを試して、幾つか共通な傾向として感じる部分があったので紹介します。



①フォーメーションの並びはあくまでも攻撃時の並び。

たとえ変な並び方をしても、それは攻撃時に限定される話で、守備時は基本的な横の並びになります。3-4-3であれば3−4−3がきれいに横に並びます。故に例え真ん中が大きく空いていても、想像よりも酷い有様にはなりません。攻撃時にはフォーメーション通りの配置になります。ですので、例えば、相手の弱点を集中攻撃したい場合はそこに選手を多く配置し、ボールポゼッションすることでうまく相手の弱点に人数を掛けて攻撃することができます。この攻守の切り替えをうまく利用して対戦相手に合わせた最適な戦術を選ぶと勝率は上がるのではないかと考えています。がしかし・・・②に進む。

②ハマる時はハマるがシュートは入らない。

実際試してみて、ハマる時はハマるのです。がしかし、そういうハマった時に限って、シュートが全く入らないのです。変なフォーメーション対策にコナミがエフェクトをかけているのでは?と想像したくなるレベルで。ですからなんだかんだいい試合をしても負けることが非常に多いです。なんだかな〜

③極端な攻撃はうまくいかないが、極端な守備はうまくいく?

極端な攻撃というと例えばサイドだけに選手を置いて、数的有利を生かしてパスが回せるのではといったこと。そういうのは、パスが回りそうで回りませんw。なぜだかわかりませんが、成功した試しがありません。
一方守備の場合、例えば○のように中盤の中央に選手が配置されてないので、相手チームはほとんどのシーンで中央から攻めることになります。勿論、中盤の選手はサイドから中央へ絞ってきます。それは相手の攻撃を中央へ限定していくことになり、3バックの場合は中央でしっかりと跳ね返すことができます。
ということで、相手の攻撃をある場所へ限定して、ボールの取りどころへ誘導するという意味で極端な配置は凄く良いのでは?と感じています。

以上、変なフォーメーションの紹介とその傾向についてでした。
やってみると意外な発見もあってたまには良いかなあと思います。
だけどやっぱり勝率は低いので、ディビジョンを下げたい時に楽しむのが良いと思いますw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です