【ウイクラ攻略日記】コンパクトネスの違い【Part18】

ウイクラの戦術オプションっていざ変更してもいまいち違いがわからなかったりしますよね?
できるだけその違いというのが見えるように動画で比較しながら検証しています。
次の私のチームの世代では中央突破の戦術を採用するつもりなので、それにあった戦術を探しています。

今回はコンパクトネスについてです。コンパクトネスは他のオプションに比べるとわかりやすく違いが出ますが、簡単に狭いと広いの傾向をまとめようと思います。

コンパクトネス広いと狭いを比較した時の動画はこちらです。

コンパクトネス狭いの特徴

・サイドに展開するとピッチの横方向半分ちょっとの領域に選手が密集する。

・ゴール前では攻撃に絡む選手全てがペナルティエリア内へ密集する。かなり狭い範囲に5人が密集しています。

・中央突破の攻撃回数は増えるが相手DFラインの下がる時間を与えるので、思ったほどチャンスが増えない。
これはコンパクトネス広いと狭いのスタッツを見れば数字にも現れます。コンパクトネス狭いではアタッキンサードでの効果的なプレーの数や攻撃エリアの%が明らかに多くなります。ところが相手DFラインも明らかに下がっており、決して相手守備を崩しているというよりは、無駄に繋いで攻撃に時間が掛かりすぎている感があります。



コンパクトネス広いの特徴

・中央に人が密集しないので、中央突破を仕掛けるシーンは少なめ。結果中盤でワイドにパスを展開するシーンが増える。

・相手DFも横に広がるので、縦のスルーパスが通りやすくなる。結果、攻撃回数は少なくとも得点できる。
下図はガメイロに縦パスが入った後の左サイド香川へのスルーパス。横に広がっていたDFが香川の動きについていけていない。

というわけで、一見コンパクトネス狭いにした方が中央突破しやすくチャンスを多く作っているように見えるが、コンパクトネス広いの場合は、中央にスペースを作った後に少ないパス本数でフィニッシュまで到達できているということで、非常に効率が良い。一方コンパクトネス狭いはパスが繋がり、ゴール前までより多くボールを運ぶことができるが、時間が掛かりすぎる欠点がある。私は守備のことも考えて、まずはしっかりパスを回して相手DFを横に広げてできてスペースを突破をベースにして広いか普通を選択しようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です