kindle paper whiteの画面に感動したお話

先日のAmazon Prime dayにて、唯一購入したkindle paper white。
その画面の綺麗さに感動して、「もう本は全て電子書籍でおk!」
そう言えるぐらいでした!ですので、本日はkindle paper whiteについて紹介します。

購入理由

私は既に最も安い通常のkindleを利用していました。
しかし、2点不満点がありました。

レスポンスの遅さ

せっかく辞書機能やハイライト機能があるのにいちいち待ち時間があるので、
ストレスが多く、結局使わなくなってしまいました。

画面の暗さ、見づらさ

画面、結構暗いんですよ。なので、暗いところだったり、逆に光が当たりすぎても反射して見づらい。その理由から使用する場所を選ぶ必要がありました。だったら本を買った方がストレスないし読みやすいよねって感じに。
結局kindle離れに繋がってしまう原因になってました。

なので、今回、kindle paper whiteを買ったのは上記2点が改善されるのを期待しての購入です。特に画面についてはkindle paper whiteの場合、ライトが内蔵されているので改善されるのは間違いなし!そんな期待を胸に購入をしました。



使って見た感想

もう画面めっちゃ綺麗ですよ!
明るい!
白い!
本当の本みたい!
なんかすごい文字が見やすくて疲れないのです。いや本当に

kindle paper whiteとkindleの画面を比較して見ましょう

どこまで伝わかわかりませんが、少し暗めの部屋の中ですが、はっきりと違いがあります。
これ本当に読みやすさが全然違います。

レスポンスについては、改善はされたかなと印象。
ただし、今後本をたくさん端末へダウンロードしていけば、kindleと近いレスポンスになるのでは?という程度。少し期待はずれ?というかたいして調べもせずに期待しすぎたと思っています。

というわけですが、トータルではkindleを持っていても、本当に買ってよかったと、そう思える実に綺麗な画面です。これからは電子書籍ですな!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です