iPad Pro最高やん!2日使ってみた感想

iPad Pro10.5inchをApple PencilとSmart Keyboardのセットで購入しました。

現在3日目に突入しているのですが、一言でいうと最高!
iPadは第4世代から久しぶりの購入でその進化っぷりには本当に驚きました。
パソコンに置き換わる存在というのは大袈裟ではないのではないでしょうか?

本日は2日使ってみた感想を長所を中心にまとめたいと思います。

まずは使用してみて良かったところです。

リフレッシュレートの改善は一目でわかるレベル

iPad Proの目玉は何と言ってもリフレッシュレート120HZとなったこれは画面をスライドしたりゲームをするとよく分かります。私の場合ウイクラというサッカーゲームをプレイしますが、ボールや人の動きがスマホよりも明らかに滑らか。ぬるぬる動きます。

Apple PencilとSplit viewの組み合わせが最強

Split view自体はiPadで実装されていますが、Apple Pencilおよびリフレッシュレートの改善によってメモが格段に書きやすくなりました。以前のiPadとスタイラスペンの組み合わせではペンの先端が太かったり、ペンの動きに画面が追従するのが遅く、書けても書きにくい、ストレスのかかる作業になってしまい、挫折しました。しかしiPad ProとApple Pencilの組み合わせによってペンに画面が追従するようになり、そのストレスが完全に解消されたと思います。さらにSplit viewを使うことによって、Webをみながらメモを取ることが極めて容易になりました。一枚の板の上のでブラウズとメモを取るのはとても心地が良いです
ちなみに下図のように画面を使用します。



Smart Keyboardが文字入力の問題を完全解決

少し心配だったのが、Smart Keyboardが実際どれくらいタイプしやすいのかでしたが、そんな心配は杞憂に終わりました。カタカタというよりタプタプして固めに感じる方もいるかも知れませんが、私の場合これが全く問題なくフィットしてPCのキーボードの文字入力となんら遜色ありません。これによってパソコンに置き換わるということに現実味を帯びてきたなと感じるようになりました。また、Bluetooth接続といってもiPadに装着することによって給電されるので、Bluetooth機器にありがちな電池切れ問題も心配ありません。そこも凄くGOOD!ですね。

最後に残念だったこと

全てのアプリがSplit viewでアクティブになる訳ではない

これはちょっと残念だっただったのですが、私はウイクラの試合を回しながらTwitterをしたり、Kindleアプリで本を読みながらメモを取りたかったのですが、残念ながら両アプリはSplit Viewでマルチタスクをする際アクティブになりませんでした。
どういうことかというとウイクラの試合をやりながらTwitterを表示すると下図のようになります。

Twitterはアクティブになってますが、ウイクラは画面が暗くなり、アクティブじゃない。すなわちゲームが一旦停止した状態になります。これは残念!
同様にKindleも似たような状態で画面が暗くなった状態でメモを取る必要が出てきます。この使用の仕方はちょっと現実的ではないかな?

というわけで2日使った感想は以上になります。
とにかく私は高かったけど買って本当に良かったそう思っております^ – ^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です