【ウイクラ】CEOイベ、サイモンで100回到達!なぜサイモンなのか

2019/8/8~2019/8/19に開催されているイベントCEO VERSUS。サイモンで達成回数が100回に到達した。ただ、途中経過を見る限りおそらくサイモンは敗戦が濃厚。正直、今回のケビン人気には驚いている。ということで今回はなぜサイモンなのかを簡単に書いてみようと思う。

選手チケットは餌

今回サイモンを選んだ人は、基本的に選手チケットには期待していないというのが大前提であると思う。

23歳以上が排出される選手チケットは、残念ながら本気で上位を目指すのに必要な若い選手が出る確率は低い。チケットから排出される年齢の確立は記載されてないため、数字で示すことはできないが、チケットで24歳が排出されてがっかりした経験は誰しもがあると思う。だったら選手チケットなんて所詮はアイテムに代わるものであり、それがポジション指定でも関係ない。☆6や☆5の高齢はさらに選手としては使いづらく、だったらまだ育成に使えるトレーナチケットの方が良いのだ。

重要なのは、☆7相当アイテムの数

では何を優先するかというと☆7相当アイテムの数だ。☆7相当アイテムとは、☆7の選手、トレーナーのチケットに加え、☆7選手を育成するのに必要なコーチ(☆6-☆7特性枠開放、☆7限界突破、特性レベルアップ大)を含めたものだ。

先日のブログでも書いたようにMCCFへ出場できるレベルのチームを育成するには、特性レベルアップ大は膨大な数必要であり、限界突破も☆7の11人を3回限界突破するのに99の限界突破コーチが必要だ。それを入手しようと思ったらアイテムパックに課金したり、大量の☆7選手をゲットして餌にしていく必要があるが、それもつらい。私のようにスカウト運の悪い人はなおさらだ。従ってこのようなイベントではできる限り、☆7相当のアイテムを集めることが、強いチームを作る為の最善策だと思う。

サイモンを選べば6個の☆7相当アイテム

ではそれぞれのCEOを選ぶと幾つの☆7相当を入手できるか?

    

◆サイモン ☆7相当 x6

  • 特性レベルアップ大 x1
  • プラチナトレーナーチケット x1
  • 特性枠開放 x2
  • 限界突破コーチ x1
  • プラチナチケット x1

    

◆ケビン ☆7相当 x2

  • 特性枠開放 x1
  • プラチナポジション指定チケット

上記のように☆7相当アイテム数はサイモン6対ケビン2でありそこには大きな差がある。ケビンの天才確定チケットやゴールドポジション指定チケットがこの大きな差を逆転するのはあり得ない、本当に大きさ差だと思う。これこそサイモンを選ぶべき理由なのである。

まとめ

勿論これは☆7選手をガチ育成することを重視した上での考え方であり、全ての人に当てはまるとは思わない。☆6でも選手が欲しい!あるいはチケットでも若い選手が出る可能性に賭けたいという人もいると思う。それぞれのウイクラのプレイスタイルにあった報酬を目指せばよいと思う。ただ、☆7の選手を入れてできる限り強いチームを作るのであれば、☆7相当のアイテムを多く集める必要がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です